バイナリーオプションで負けてしまうマインドと4つの心理学の関係。あなたは大丈夫?

バイナリーオプションで負けてしまうマインドと4つの心理学の関係。あなたは大丈夫?

あかねあかね

なんだかうまく勝てなくて、バイオプ負ける時は一気に負けてしまうよー。


ジロージロー

あかねちゃんも苦しんでるね。でもトレーダーのほとんどは同じことを経験しているんだ。


あかねあかね

そうなの?私だけじゃなくってほとんどの人が?


ジロージロー

僕もね。僕たち人間の心理、マインドだとどうしても損失に収束してしまいがちだ。今日は心理学を交えてそのあたりに触れていこう。

今日はバイナリーオプションをしていくうえで、ノープランだと人はどうしても負けに収束していってしまうというところについて触れていきます。

私を含め、トレーダーは一度は経験したことがある人が多いです。

コツコツと利益を出し、ニコニコしていたと思ったらある日大損失をだしてしまう。

そして、そうなった時に自分の行動を反省し精神的にどん底に落ちてしまい仕事も手につかない…。

これは私も何度もあります。

じゃあどうすればいいのか?
すぐに勝ちたい、簡単に勝ちたい。

そう思ってしまうのも無理はないのですが、まずはどうして負け出すと止まらなくなってしまうのか。

人間の行動心理学を含めて原因を探っていきましょう。

「プロスペクト理論」のせいで損失をすぐに取り返したくなる

バイナリーオプションBOで負けてしまう行動心理学プロスペクト理論とは
プロスペクト理論という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
バイナリーオプションのトレード時の精神状況とも密接した関係があります。

プロスペクト理論とは、「人は利益を出したいという思いよりも、損失を出したくないという思いのほうが倍以上強い」という行動心理学の理論です。

精神的な利益と損失の比率は、「1:2~2.5」とも言われていて、例えば100万円利益を出した時の喜び=50万円の損失を出した時の悲しみ。

負けた時のほうが精神的に大きなダメージを受けてしまうという事ですね。

心のダメージですから、一概に定量化できるものではありませんが、「人は損をするのがとても大嫌い」で大半の人はそういう感覚を持っている。

すなわち、「人は損をすると取り返したくなってしまう」という事と同じ意味になります。

普段は冷静で論理的な思考を持ち、合理的に行動し仕事も鬼のようにできる敏腕社長が、バイナリーオプションやFX、株式など、資金を元手にリスクを負ってリターンを得る投資でなかなか仕事と同じようなポテンシャルを発揮できないという話を聞いたことがあるかもしれません。

ギャンブルも似たような性質がありますが、損得が絡むケースでは、人間は非合理な行動をとってしまう性質があります。

そのような局面に陥った時、人間は論理ではなく「感情」によって損失を出すような行動してしまうのです。

前提として、そのような性質が人間にはあるという事を頭に入れておいてください。

実際に、プロスペクト理論に関する実験で、多くの人が集められ2つの実験が行われました。

どちらも2択の質問です。
あなたはどちらを選びますか?


質問1
A. 100万円を無条件で手に入れられる。
B. コインを投げて、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。(二分の一の確率)

多くの方がAを選ぶのではないでしょうか。
私もAを選びます。

それでは次の質問はどうでしょうか?


質問2
あなたはすでに200万円の負債を抱えているものとします。
そのとき、同じように二つの選択肢が提示されました。A.無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円になる。
B.コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

実験の結果はどうだったのか。

質問1はどちらも手に入る金額の期待値は100万円で同じなのですが、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人が圧倒的に多かったのです。

質問2も、前提条件が「負債」を抱えているだけで条件は同じです。
ただし、質問2では、質問1で選択肢Aを選んだ人のほとんどがギャンブル性の高い選択肢Bを選択しました。

ギャンブル性が高く、質問1では選択しなかったのにです。

このことから、人は、
「目の前の利益が手に入らないリスクから回避したい」
「50%の確率でもいいから200万円の負債から逃れたい」

という、損失リスクを回避する行動を選択してしまうということがわかっています。

確かに…自分の事と当てはめても同じことが言えますね。

投資は「損小利大」を目指しましょうと言われますが、多くの人が「損大利小」になってしまうのはこのような心理的な効果が出てしまうという事です。

バイナリーオプションをする時、同じような精神状況に陥っていないか、一度再確認しましょう。

「コンコルド効果」のせいで同じ局面で同じ方向にトレードしたくなる

バイナリーオプションBOで負けてしまう行動心理学コンコルド効果とはとは
コンコルド効果とは、今まで投資した時間やお金が無駄になることが嫌で、頭では辞めたいと思っているにも関わらず、やめられない状態に陥るという心理現象です。

こちらもバイナリーオプションのトレードで再現しやすい効果です。

サンクコスト効果とも呼ばれています。

例えば、パズドラやモンスト、怪盗ロワイヤルなど、スマホゲーム・ソーシャルゲームにはまったことのある人ならわかるかもしれません。

課金などをして、毎日多くの時間を費やしてきたけれども、すでにゲーム自体には飽きていてお金と時間を浪費しているからやめたい。

そう考えているのになぜかゲームを続けてしまう。
これは、今まで使ったお金と時間を無駄にしたくないというコンコルド効果が働いています。

バイナリーオプションでも、待ちに待ったトレードタイミングが訪れた時。

トレードを開始したが、どんどん自分が予想した方向と逆に進んでしまう。
大きなトレンドができて当たらなそう打と思っても、同じ方向にトレードし続けてしまい、それまで分析をしっかりしてコツコツトレードをしていたにも関わらず逆に大きく損失を出してしまう。

コンコルド効果によって、こういったことが起こってしまうのです。

「確証バイアス」によって都合のいいトレードをしてしまう

バイナリーオプションBOで負けてしまう行動心理学確証バイアスとは
確証バイアスとは、自分の先入観に基づいて自分に都合のいい情報だけを集めて、それによって自分の先入観や考えを強めていくという事です。

バイナリーオプションでエントリーする方向を、分析によって上方向に相場が上昇していくと判断しトレードをしようと思っている時に、トレンドが上昇傾向にあると思いたい、勝ちたい一心で、上昇トレンドの判断材料を集めてしまうということです。

そうなると、逆方向に行く可能性がある分析材料などは目に入らなくなり、自分のエントリーしたい方向である、上昇の材料を探す為の分析にシフトしてしまいます。

この思いが強ければ強いほど、フラットな相場分析ではなくただの思い込みになってしまい、チャート分析とは言えないトレードになってしまいます。

そして、感情でのトレードをすることに繋がりいつかは資産を大きく減らしてしまう事に繋がるのです。

「カリギュラ効果」のせいでやってはいけないと思いながらもやりたくなる

バイナリーオプションBOで負けてしまう行動カリギュラ効果とは
カリギュラ効果とは、禁止されることで、その禁止事項を破りたくなる心理的効果の事です。

有名なところでいうと、「鶴の恩返し」や「浦島太郎」などの、

「絶対に〇〇〇しないでください。」

というものです。

youtubeなどのサムネイルや、人気のブログなどの表題にもなっていることも多く、

「この動画は絶対に見ないでください。」
「人生が変わる位の衝撃を受けたくない方は、この先は読まないでください」

など、皆さんも見かけたことがあるのではないでしょうか。

人間はこのように、行動を制限されると反対の事をしたくなる衝動にかられて、とても気になり行動を起こしてしまいます。

バイナリーオプションのトレードでも、誰かから
「マーチンゲール法は危険だからやめたほうがいい」
「トレンドが強すぎるところで逆張りをしてはいけない」
「指標発表の時はトレードをしてはいけない」

などアドバイスをもらったとしても、トレードせずにはいられない。
といった事が起こってしまうのです。

まとめ

「プロスペクト理論」
「コンコルド効果」
「確証バイアス」
「カリギュラ効果」

と4つの行動心理学に基づいた人間の特性について今回は紹介しました。

正直なところ、負けが続いたり大きく損失を出してしまうと、気持ちがまいり自分を責め続けてしまうものです。

もちろん、トレードをしていくうえで自分の行動を反省し、冷静に分析して改善を繰り返していくことでこそ前進し結果に繋がっていくものですが、必要以上に自分を攻めすぎてしまうとメンタル的にも持たなくなってしまいます。

重要なのは、「これらの行動心理学的な効果があり、感情的に人間は行動をする生き物である」ことをまずは知り、それを防止する為の方法や環境を構築して、自分自身のマインドをコントロールしていくことです。

私たちトレーダーの誰もが通る道であることを受け入れたうえで、しっかりと対策をしてトレードに臨むようにしましょう。

あかねあかね

色々な効果があるんだね!まさに私もこの前はプロスペクト理論の精神状況だった…


ジロージロー

うん、損失は痛いし辛いよね。そこを何とか仕組み化して、トレードをしていくことを心がけていこうね。