【初心者向け】ストキャスティクスのゴールデンクロスとデッドクロスを狙う!

ジロージロー

ストキャスティクスについては以前初心者向けの初期インジケーターのところで触れてみたけど、実際にトレードにどう使っていくのがいいか、など伝えていければと思うよ。


あかねあかね

ストキャスティクス。オシレーター系のインジケーターだっけ?買われ過ぎ、売られ過ぎとかそういうやつ?


ジロージロー

厳密にはちょっとちがうけどイメージとしてはそんな感じだね!じゃあ早速見てみよう。

ストキャスティクスとは?

過去のローソク足の高値・安値を基準に見て、現在の終値がどのくらいの位置にあるかを数値化した指標の事です。

「%K」「%D」「%SD」という3つの指数から構成されています。

基本となる線は「%K」テキストが入ります。

%K=(現在の価格-直近のローソク足「N」本の最安値)÷(直近のローソク足「N」本の最高値-直近のローソク足「N」本の最安値)×100

%D=((現在の価格-直近ローソク足「N」本の最安値)を過去「M」本分合計したもの÷(直近のローソク足「N」本の最高値-直近のローソク足「N」本の最安値)を過去「M」本分合計したもの×100

%SD=%Dの「L」本単純移動平均線

 

式にすると難しいので内容を深く覚える必要はありません。

 

ファースト・ストキャスティクスとスロー・ストキャスティクス

先ほど挙げた3つのパラメーター(%K、%D、%SD)を使って分析を行いますが、

  • %Kと%Dを利用したものはファースト・ストキャスティクス
  • %Dと%SDを利用したものはスロー・ストキャスティクス

と呼ばれています。

「M」、「N」、「L」に数字が入るのですが、

MT4の初期値は「M」=5、「N」=3、「L」=3で使われています。

基本的に、初期値で使っている人が多いです。

ここで、MT4上でストキャスティクスを使ったことがある方は疑問に思う人がいるのではないでしょうか?

あかねあかね

あれ、ストキャスティクスって「メイン」と「シグナル」の2本の線しか表示されなくない?

そうです、MT4上でのストキャスティクスは2本しか線は表示されません。
線の色の設定画面はこんな感じです。
初心者向けストキャスティクスメインとシグナルしかない

実際にチャート上に表示させながら伝えていきます。こちらがストキャスティクスを表示した画面です。

初心者向けストキャスティクス80%以上が目安

 

細かい手順はほかのインジケーターと同じですので、もしわからない場合はこちらの記事をみながら入れてみましょう。

「挿入」ー「オシレーター」ー「Stochastic Oscillator」でチャート上に表示ができます。

初心者向けストキャスティクス設定画面と各パラメータの値

初期設定の場合、先ほど紹介した「M」=5、「N」=3、「L」=3になっていますが、それぞれ設定の値は上のような、インジケーターのプロパティ→パラメーターから変更が可能です。

「M」=%K期間=5
「N」=%D期間=3
「L」=スローイング=3

 

実は、このスローイングの設定値によって、ストキャスティクス上に表示される線の種類が異なります。

 

 

スローイング設定による表示の違い
  • スローイング=1の場合 ※ファーストストキャスティクス
    メイン(緑色のライン)=%K
    シグナル(赤色のライン)=%D
  • スローイング=2以上の場合 ※スローストキャスティクス
    メイン(緑色のライン)=%D
    シグナル(赤色のライン)=%SD

初心者向けファーストストキャスティクスとスローストキャスティクス、表示設定を変更

初期設定(デフォルト)の場合、スローイングは3ですから、多くの方が使っているのはスローストキャスティクスという事ですね。

見比べていただけるとわかると思いますが、スローストキャスティクスのほうが滑らかな曲線になっています。

ファーストストキャスティクスはギザギザに動いていますね。
どちらも好みによって使い分けていくのがいいと思います。

ストキャスティクスを使ったバイナリーオプションでのエントリー判断例

あかねあかね

ちょっと計算の内容とかは難しいな…、どうやってトレードに使っていくの?

ではいったいこのストキャスティクスをどう使っていくのかみていきましょう。

 

%K、%Dの値が80%以上、20%未満になった時

このストキャスティクス。
%K、%Dの数値で目安とする人が多いといわれているのが、

ストキャスティクスでのトレード判断1

80%以上になっていると、上がり過ぎている為売りの目安
20%以下になっていると、下がり過ぎている為買いの目安

です。

この〇〇%という目安の線を、インジケーターウィンドウに点線で引くことができます。

初心者向けストキャスティクス80%以上が目安

70%や75%など色々と人により好みがあります。
設定変更は、インジケーターの設定の「レベル表示」タブで変更が可能です。

ストキャスティクスの目安パラメーター変更箇所

単体で判断するのにはちょっと材料が不足しているのと、強いトレンドが出ている時は、どうしても値が80%以上にずっとなってしまう。といった形になってしまいやや危険な側面があります。

 

%Dと%SDの値がゴールデンクロス、デッドクロスになった時

こちらの図の黄色の〇で囲ったところを見てください。

初心者向けストキャスティクスゴールデンクロスとデッドクロス

ゴールデンクロス、デッドクロスという言葉はトレードのチャート上で見ている方が多く、最もポピュラーなものが移動平均線を利用したゴールデンクロス、デッドクロスです。

このゴールデンクロス、デッドクロスはストキャスティクスでも意識されているポイントです。

移動平均線でも同様ですが、主に、
早い線(短い時間単位の線)が遅い線を抜いていく時。

トレンドが変わる(トレンドができる)ところの目安ともされています。

このストキャスティクスのデッドクロス、ゴールデンクロスに関して、バイナリーオプションで比較的目安になるポイントであることから私はちょっと注目しています。

強いトレンドが出来た時も、あまり連続して発生するものでもありませんので、トレンドをひたすら追いかけていってしまうという類ではない事から精神的にも楽な部分があります。

ただ、単体での判断はやはり弱い部分もありますので、その他の判断基準と合わせて。

たとえば、

複合判断理由の例
  • 水平線やフィボナッチを引いてストキャスティクスのゴールデンクロス・デッドクロスと複合してトレード
  • %Dが80%以上の状態でゴールデンクロスが発生した時にトレード
  • 1時間足のトレンド方向(移動平均線の傾き)にのみ、ゴールデンクロス・デッドクロスが発生したらトレード

など、複合した条件の1つとして検討するのはいいと思います。

 

ストキャスティクスなどのオシレーター系をトレードの判断で使うのは危ないと聞いたことがある?

これは、FXトレードでよく言われています。

このオシレーター系インジケータに関しては、どうしても逆張りの判断基準になってしまう事が多い為、FXのトレードで利用するのには注意が必要という事です。

FXはバイナリーオプションとは異なり、価格の差益・利幅を狙っていくトレードです。

その為、FXではトレンドに逆らったトレードはリスクがとても大きく、逆張りはリスクが大きく大敗しやすい為おすすめされていないということです。

FXの場合は、このストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系インジケーターはどちらかというとエントリーではなく、利確の目安に使われていることが多いのです。

利確で使われる=そこで一時的に反転する可能性がある=バイナリーオプションではチャンスにもなる

ということで、いずれにしても、目安としている人が少なからずいるインジケーターですから、バイナリーオプションで短い時間の反転を狙う時に利用しやすいのは間違いありません。

是非試してみてください。

あかねあかね

クロスしたらエントリーっていうルールも作りやすいね!でも勝率はどのくらいにできるのかな?


ジロージロー

そうだね,55~60%くらいの勝率を出せたりもするけど、通貨ペアや相場状況によって変わってくるのも結局事実。ただ、ルール化をすれば大きな力になる可能性を秘めているインジケーターだと思うよ!