バイナリーオプション収支分析表の使い方(無料で収支表を入手!)

ジロージロー

今回は、バイナリーオプション収支分析表の使い方を説明するよ!


あかねあかね

よろしくお願いします♪

まだダウンロードしていない方はこちらのバイナリーオプション収支表プレゼントページからダウンロードをしてください。

ハイローオーストラリアから過去の取引履歴をダウンロード

まずは、ハイローオーストラリアから取引履歴のデータをダウンロードしましょう。

ご自身のIDとパスワードでログインしたら、マイページから取引履歴をダウンロードします。
バイナリーオプション収支分析表1

画面左上のメニューにある「取引履歴」をクリック。

バイナリーオプション収支分析表2

履歴をダウンロードする期間を選択します。
検索するをクリック後、カレンダーから期間を選びます。
バイナリーオプション収支分析表3

期間を選択したら、「検索する」ボタンを押します。
バイナリーオプション収支分析表4
その後、エクスポートを選択し、excelのマークをクリックします。

バイナリーオプション収支分析表5
すると、右下のほうに、CSVファイルの準備完了。というポップアップが出ます。

ファイルを開くをクリックするとダウンロードが開始されます。

ダウンロードしたファイルは、通常の設定だと「ダウンロード」フォルダに入ります。
※ダウンロードフォルダ:コンピュータ-Cドライブ>ユーザー>(ユーザー名)>ダウンロード
バイナリーオプション収支分析表5-1

履歴データは、以下のような名前で保存されます。

例)HL12345_2018_12_25_15_00_30.csv
 (ハイローのログインID)_(取得した日付と時間).csv

バイナリーオプション収支分析表の起動とマクロの有効化

ダウンロードしたバイナリーオプション収支分析表を実行します。
アイコンをダブルクリックすることでexcelファイルが開きます。

バイナリーオプション収支分析表6

開いたら、設定によって「セキュリティの警告 マクロが無効化されました」と出てくることがあります。
その場合は「コンテンツを有効化する」をクリックしてマクロを有効化してください。

バイナリーオプション収支分析表データの使い方

excelのデータの中には以下のようにいくつかのタブがありますが、実際に利用するのは4つです。
バイナリーオプション収支分析表6-2

基本的にデータ読み込みや検索に利用するのは青色にしてある「トップページ」シートと「検索」シート

黄色の「出力結果」シートには読み込んだ全データと戦績が、「出力イメージ」シートには、検索結果や各通貨ペアの勝率、ご自身のトレードの履歴がグラフで視覚的に表示されます。

では、早速各シートの使い方を見ていきましょう。

トップページの各ボタンの説明

トップページはこのような画面です。
バイナリーオプション収支分析表8-1

①ファイル選択:
こちらのボタンを選択することで、ハイローオーストラリアの取引履歴を読み込ませます。
②出力結果編集:
ファイル選択で読み込ませた取引履歴を、分析用の出力結果に反映させます。このデータを元に分析します。
③上書き保存する:
今開いているデータを上書きして保存します。excelのメニューのファイル→上書き保存と同じ操作です。
④名前を付けて保存する:
別ファイルとして、名前を付けて保存します。excelのメニューのファイル→名前を付けて保存と同じ操作です。
⑤CSV累積クリア:
間違えてファイル選択してしまった場合などにクリックしてください。基本的には利用しません。
⑥全データ初期化:
今まで累積した全データを初期化します。※こちらを実施する場合はご自身で入力したデータなども戻すことができなくなります。実施する際は一度データを保管しておくなどしてからにしましょう。

ダウンロードした取引履歴データの読み込みと反映方法

それでは実際にハイローオーストラリアからダウンロードした取引履歴データを利用して、読み込みと反映をしてみましょう。

ハイローオーストラリア取引履歴データの読み込み

ハイローオーストラリアから抽出した取引履歴のCSVデータをバイナリーオプション収支表に読み込ませます。
バイナリーオプション収支分析表9
CSVファイルを選択してください。の右側にある「ファイル選択」をクリックしてください。

バイナリーオプション収支分析表10
ファイル選択のウィンドウが出ますので、ハイローオーストラリアからダウンロードした取引履歴データを選択してOKをクリックします。

バイナリーオプション収支分析表11
すると、読み込みに少し時間がかかり、その後以下のような「〇〇件保存しました」というポップアップが出ますのでOKをクリックします。
※読み込むトレード回数が多いほど時間がかかります。
※もし、読み込ませるデータを間違えてしまった場合などは、「CSV累積クリア」をクリックしてください。

取引データを「出力結果」シートに反映する

バイナリーオプション収支分析表12
2.読み込んだファイルを出力結果に反映してください。の右側にある「出力結果反映」ボタンをクリックします。
 ※反映はデータ量によりますが少し時間がかかります。

バイナリーオプション収支分析表13
待っていると、「出力結果を編集しました」というポップアップがでますので、OKをクリックします。

すると、「出力結果」画面が表示されます。

「出力結果」シートの見方

読み込んだ取引履歴データが表になっています。
各項目を説明します。
こちらの「出力結果」シートの大部分はデータ乱れを防ぐため、シートの保護で編集できないようにしています。㉖判断理由リスト、㉗トレード判断理由、㉘備考のみ編集が可能です。

バイナリーオプション収支分析表・収支表14

①対象期間…今まで取り込んだデータの期間が反映されます
      例)2018/12/3~2018/12/21
②利益…対象期間中の損益の合計が表示されます。損失の場合はマイナスで表示します。
      例)\64,526
③総投資額…対象期間中の総トレード金額(BET金額)が表示されます。
      例)\816,000
④総ペイアウト額…対象期間中の合計ペイアウト金額(払い出し)が表示されます。
      例)\880,526
⑤総合勝率…対象期間中の勝率を小数点1桁までで%表示します。
      例)56.6% 
⑥総トレード数…対象期間中の合計トレード回数を表示します。
      例)122
⑦総合勝利数…対象期間中、利益になったトレード回数を表示します。
      例)69
⑧総合敗北数…対象期間中、損失を出したトレード回数を表示します。
      例)53
⑨転売数…対象期間中に行った転売の回数を表示します。
      例)1
⑩最大連勝数…対象期間中の最大連勝回数を表示します。
      例)12
⑪最大連敗数…対象期間中の最大連敗回数を表示します。
      例)7
⑫番号…通し番号です。
⑬ハイローオーストラリア内での取引番号です。
⑭取引原資産…取引をした通貨ペアです。
       例)USD/JPY
⑮オプションの種類…取引の種別です。
      例)HighLow、turbo、HighLowスプレッド、turbo-spreadなど
⑯満期時間…turbo、turbo-spread時に選択した取引時間を表示します。
      例)1分
⑰方向…取引でエントリーした方向を表示します。
      例)HIGH、LOW
⑱取引内容…取引を開始した際の価格を表示します。
      例)113.549
⑲ステータス…取引が終了したか、転売したかなどのステータスです。
      例)取引終了、転売済み
⑳購入…取引金額を表示します。
      例)\7,000
㉑ペイアウト…取引に勝った場合や転売した場合はペイアウト金額を、負けた場合は「—」が表示されます。
      例)13,160、—
㉒判定レート…取引が終了した時の判定時の価格を表示します。
      例)113.578
㉓取引時間…取引を開始した時間を表示します。
      例)2018/12/3 11:20:00
㉔終了時刻…取引が終了し判定された時の時間を表示します。
      例)2018/12/3 11:30:00
㉕勝敗…そのトレードで利益を出したか、損失を出したかを〇×で表示します。
      例)〇、×




バイナリーオプション収支分析表15
こちらの4つの項目はご自身の考察などを入力する欄です。のちの検索でも利用可能ですので活用してください。

㉖判断理由リスト…
トレードをする上で判断した理由の項目です。各理由についてはご自身で編集が可能です。のちの、「検索」シートでの検索で利用できます。
㉗トレード判断理由…
㉖で設定している5つの項目から、プルダウン選択式で選択することが可能です。こちらはご自身で入力が必要です。
㉘備考…
フリーフォーマットの項目です。好きな内容を入力してください。
㉙理由と備考の保存…
判断理由リスト、トレード判断理由、備考を編集した後は、必ずこちらの「理由と備考の保存」ボタンを押して変更を保存してください。ボタンを押して保存していない状態で、新しい取引データのCSVを取り込ませると、入力したトレード判断理由は消えてしまいますので注意して下さい。

「出力イメージ」シートの見方

バイナリーオプション収支分析表16
excelの下の、「出力イメージ」タブをクリックします。すると以下のような画面が出ます。こちらはのちに説明する「検索」シートで検索した結果が反映されるシートでもあります。

この「出力イメージ」シートを直接編集することはありません。※ロックがかかっています。
バイナリーオプション収支分析表17

㉚対象期間…検索対象期間を表示します。
      例)2018/12/03~2018/12/21
㉛利益…検索対象期間内の損益の合計が表示されます。損失の場合はマイナスで表示します。
      例)\64,526
㉜総投資額…検索対象期間内の総トレード金額(BET金額)が表示されます。
      例)\816,000
㉝総ペイアウト額…検索対象期間内の合計ペイアウト金額(払い出し)が表示されます。
      例)\880,526
㉞総合勝率…検索対象期間内の勝率を小数点1桁までで%表示します。
      例)56.6% 
㉟総合勝利数…検索対象期間内の、利益になったトレード回数を表示します。
      例)69
㊱総合敗北数…検索対象期間内の、損失を出したトレード回数を表示します。
      例)53
㊲転売数…検索対象期間内に行った転売の回数を表示します。
      例)1
㊳円グラフ…総合勝利数と総合敗北数を円グラフにしたものです。
㊴トレード毎の累計グラフ…各トレードを折れ線グラフで表示したものです。横軸はトレード回数、縦軸は利益状況です。



バイナリーオプション収支分析表18
㊵日毎利益と累計グラフ…日にち別での利益状況と、累計の損益をグラフにしたものです。棒グラフが1日の損益、折れ線グラフは累計の損益です。縦軸は金額。横軸は日にちになっています。

バイナリーオプション収支分析表19
㊶取引回数と勝率 表…こちらは各通貨ペア、取引種別をマトリックス上の表に表したものです。縦軸が通貨ペア、横軸がトレード種別。一番右に通貨ペアごとの総合勝率や勝ち数、取引回数を表示しています。

自分自身がどのトレードで調子がいいのか。どのトレードで負けているのか。
全体を把握するうえで有効です。

勝率が60%以上の項目は黄色のマーカーが、勝率が55%以上~60未満の項目は水色のマーカーが自動で引かれます。

㊷トレード種別…Turbo、HigLow、turbo-spread、HighLow スプレッドと各時間を表示しています。
㊸通貨ペア…トレードした通貨ペアが表示されます。それぞれ、取引回数、勝ち数、勝率の欄があります。
㊹各通貨ペア毎の総合勝率、勝ち数、取引回数を表示します。

読み込ませたデータの検索方法

バイナリーオプション収支分析表20

Excelシート下部の青色「検索」シートを選択します。

すると以下のような画面になります。
ここまでで読み込ませたデータから、自分の好きなデータを抽出して検索をすることが可能です。


バイナリーオプション収支分析表21

㊺分析期間…読み込ませてある「検索結果」の中から分析したい期間を選択します。
今回は試しに2018/1/1~2018/12/31でやってみましょう。
バイナリーオプション収支分析22
 1.まずは上段の左側の「カレンダー」ボタンをクリックして検索を開始したい日を選びます。すると、カレンダーが出てきますので、2018/1/1を表示し日にちをクリック。
 2.次に下段右側にある「カレンダー」ボタンをクリックするとカレンダーが出てくるので、検索終了日の2018/12/31をクリックします。すると、分析期間が変更されます。

㊻通貨ペア…検索したい通貨ペアを選択します。
      すべて表示する場合は、全ての右側に「〇」。通貨ペアを限定したい場合は、全ての右側の〇を消して、選びたい通貨ペアの右側に「〇」を選択します。※複数通貨ペアを選択することが可能です。
㊼オプションの種類…検索したい取引の種類を選びます。
すべて表示する場合は、全ての右側に「〇」。オプションの種類を限定したい場合は、全ての右側の〇を消して、選びたいトレードの種類の右側に「〇」を選択します。※複数のオプションの種類を選択することが可能です。
㊽トレード判断理由…こちらは、「出力結果」でご自身で入力した「トレード判断理由」を元に検索する時に利用します。表示はご自身で「検索結果」シートで保存した内容が反映されます。すべて表示する場合は、全ての右側に「〇」。トレード判断理由を限定したい場合は、全ての右側の〇を消して、選びたいトレード判断理由の右側に「〇」を選択します。※複数のトレード判断理由を選択することが可能です。
㊾購入金額…トレード金額で検索をすることが可能です。こちらは数字を入力する形式です。例えば、5000円のトレードだけを抽出したい。などの時は□の中に「5000」と入力します。何も入力していない場合は、すべての場合で検索されます。
㊿実行…㊺~㊾で設定した検索条件で検索を実施します。
 ※検索はデータ量が多いほど時間がかかります。

今回は、

分析期間:2018/1/1~2018/12/31
通貨ペア:GBP/JPY
オプションの種類:HighLow
トレード判断理由:全て
購入金額:指定なし

でやってみましょう。
バイナリーオプション収支分析表23-1

すると、自動で画面が「出力イメージ」シートに切り替わります。
バイナリーオプション収支表・収支分析表23
バイナリーオプション収支分析表24

ご自身のトレードの見直しなどに役立てていただければと思います。

出力結果のソート機能について

トレード判断理由等を入力する際に、「出力結果」シートで直接フィルタ機能を使ったり検索を行いたいなどの操作をしたい時は、各項目のフィルタを利用してください。

検索したい項目の右側にある▼をクリックすることでフィルタ機能を利用可能です。
以下は「購入」項目でトレード金額でフィルタをかけたい。際の画面イメージです。
バイナリーオプション収支分析表25

選択したい金額のみを選ぶと、フィルタがかかります。

※「検索」シートで検索をする際に、このフィルタがかかっている状況ですと、出力イメージが正常に反映されない事がありますので、フィルタ機能を利用した後は必ず「出力結果」シートを元の状態に戻すようにしてください。

フィルタを全部解除する方法は以下のブログがわかりやすいので参考にしてみてください。

最後に

このバイナリーオプション収支分析表は履歴を追加していくことが可能です。

自動で計算していくうえで、マクロを動作させています。

誤動作などでご自身で入力したトレード判断理由や備考などのデータをロストしてしまわないように、こまめに「名前を付けて保存」などをすることでバックアップを取っていただくことをおすすめします。
※こちらでは誤動作でのサポート対応などは難しい部分があります。

皆さんのトレードにおいて、前向きなお力になれたら嬉しく思います。
是非ご活用ください。

質問やご意見などございましたらこちらのLINE@までお気軽にご連絡ください。

LINEtuika

返信は遅くなるかもしれませんが、できる限り回答させていただきます。

高齢化社会が進み、IoT技術が進む中で私たちを取り巻く環境はどんどん変化してきています。

10年前では考えられなかったようなことが当たり前になっている現代。
10年後もやはり今では想像がつかないような変化が起こっていてもおかしくありません。

組織に属する方々も、世代間の仕事に対する考え方や給与でのギャップの広がりや憤りを感じ、安定と言われていた日本の会社で働くという事に危機感を感じ、サラリーマンの方も副業や投資を。
個人で活動されている方も複数のキャッシュポイントを求めて試行錯誤している時代が来ていて、各メディアでも報じられています。

そういった環境の中で、本当に現在の自分の置かれている状況と、リスクとリターンのバランスを考え行動する時期なのかなと感じさせられます。

私自身、日々葛藤の中で成長していかなければならないと考え行動をしています。

今後も私と同じくバイナリーオプションやFX、仮想通貨、株など。
個人で取り組めるものに関してブログを更新していこうと考えていますので、どうぞよろしくお願いします。

  • この記事を読まれている方はこちらの記事も読んでいます。

バイナリーオプション収支表のダウンロードをしていない方はこちらから
関連記事 ハイローオーストラリア対応収支分析ツールプレゼント

バイナリーオプション収支分析表の特別版公開。追加機能はこちらで紹介しています。
関連記事 イナリーオプション収支分析表の追加機能説明

コメントやLINE@へのメッセージに使用感などをいただけると、今後の励みや新たなモノを作成する為のアイディアにもなりますので是非是非お願いします♪

あかねあかね

バイナリーオプション収支分析表、頑張って使ってみます♪


ジロージロー

うん。僕自身正直感情に流されやすい性格なところもあって、どうしてもトレードが適当になりがちだった。ただ、自分のトレードを客観的に見る機会を作る事で、そういったトレードを少しでも減らすことができるんじゃないかと思っているよ。


あかねあかね

はい。どうしてもポチポチしたくなっちゃうんだよなぁ。


ジロージロー

そうなんだよね。利益を出したい気持ちを抑えて、出ていく理由を一回考えてみる。そういう機会にしてほしいな。