【バイナリーオプションで勝つ為に】MacでのMT4セットアップ方法と使い方(BITCoinで使えるチャートを入れてみよう)

ジロージロー

MacでMT4を使いこなす為にはちょっとコツが必要なんだ!今日はそのMacでMT4を使う為の方法を説明するよ。


あかねあかね

私はスマホはiphoneなんだけどパソコンはWindowsしか使ったことないんだ。Mac、使いやすいってMacユーザーの人はいうよね。


ジロージロー

うん、iPhoneと同様、直観的に利用できるWindowsにはない機能もあるから、ずっとMacがいいっていう人も多いね。MT4はWindows専用だけど、この方法を使えば今までMacだからトレードできなかったっていう人もうまくいくはずだ!

MacでのMT4セットアップ方法と使い方(BITCoinで使えるチャートを入れてみよう)

MT4はWindows用ソフトという事もあり、Mac利用は敬遠されてきました。

昨今はどんどんMacを使用している方も増えていて、スターバックスにいらっしゃるノマドワーカーの方々のパソコンは8割以上がMacな印象ですw

私はスマホは断然iPhone派ですがパソコンはWindows派。

Macは使ったことがある位なのですが、複数本の指で画面を切り替えてデスクトップを広く直観的に利用できるのはかなり魅力的な機能で、Macヘビーユーザー様の気持ちもわかります。

と、話が反れてしまいました。そのような中ですが、MT4は元々フリーソフトでありオープンに開発が進められていましたが、Windows専用だったんです。

現在ではXMやAxioryなど、FX会社によってはMacでも利用可能なMT4を準備したりしていますが、そのまま利用すると、

カスタムインジケーターやEAが利用できない。。。

などの制限にぶつかり、本来の目的通りに使えないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

設定用の手順などもなかなか見つからないし。

しかし実は、MacでもWindowsと同じく、MT4でインジケーターやEAを利用することが可能です!

※セットアップには多少の知識と若干の手間がかかりますが…

 

今回の内容は、バイナリーオプションに限らずFXでも仮想通貨分析でも利用できる方法ですので、ぜひ参考にしてください。

MacでMT4を動かす為には、Windowsのエミュレーター(仮想ソフト)を使う必要があります。
とはいえ、最初にセットアップさえできてしまえばそこまで難しいわけではありません。

せっかくMT4を使うのですから、そのあたりも使えるようにセッティングしていきましょう。

合わせて、

ビットコインの分析をしたいけど、MT4は使えないの?

っていう人も多いはずですので、BTCに対応しているMT4をインストールする方法も交えていこうと思います。

流れはこんな感じです。
Macの操作になれている方は30分ほどでできると思います。

【MacにMT4をセットアップする流れ】
1.EasyWineインストール  10分
2.MT4ダウンロード、インストール 10分
3.MT4起動 10分
(参考1)mucommanderをインストール 10分
(参考2)デスクトップにショートカット作成 5分

1.EasyWineインストール

EasyWineはWindowsエミュレータ(MacでWindowsのソフトを使う為のソフト)です。
他に有名なソフトとしてplayonMacなどがあります。
文字化け等しづらいようなので、EasyWineを今回使用してます。

まずはEasyWineのサイトから、ソフトをダウンロードしましょう。

EasyWineダウンロードはこちらのサイトから:外部リンクNaverまとめ

Naverまとめのサイトですが、下のほうに以下のような最新版ダウンロードリンクがあります。

easywineダウンロード

一番新しいところをクリックすると、Googleドライブに移動します。

その中の「Easywine-2018…」というところを右クリックしてダウンロードします。

早速ダウンロードしたEasywineをインストールします。
右下の「ダウンロード」をクリックし先ほどダウンロードしたEasywine…を実行すると、以下のようになります。

このEasyWineをfinderで開いたアプリケーションのところにドラッグします。
(アプリケーションは画面上の「移動」⇒「アプリケーション」で開けます)

その後、アプリケーション内に入っている、Launchpad(ロケットのアイコン)からEasyWineを起動します。

もしこんな画面が出たら、セキュリティとプライバシーを開きましょう。
※左上のリンゴのマークから「システム環境設定」をクリック。
または、歯車のアイコンからシステム環境設定を開き、セキュリティとプライバシーを選択します。

そうすると以下のような表示になっていると思います。

“Easywine”は開発元を確認できないため、開けませんでした。
の横にある「このまま開く」をクリックします。

上記のようなポップアップがでますので、インストール(何回か出ることあり)をクリックしインストール完了です。

ここまで終わったら、一度パソコン再起動しましょう。
これでEasyWineを使用できるようになります。

このEasyWineは通常Macで利用できないWindowsの実行ファイル「.exe」形式のものを利用することができるエミュレーターです。MT4以外にもきっと便利に使えることがあるのではないかと思います。

 

2.MT4ダウンロード、インストール

MT4は基本的にどの会社が出しているWindows版のものをダウンロードする形で大丈夫です。

口座開設などが特に不要でMT4を利用できる2社、FXCM社とBitPoint社のダウンロードリンクを紹介します。

FXCM社はハイローオーストラリアのチャートの元になっているという事でハイローオーストラリアの公式ホームページにも記載されていますね。

BITPoint社は現在トレードが増えてきているBitcoinにも対応しているものです。

取り扱っているところは少ないので活用できるといいですね。
ただし為替の通貨ペアの取り扱いが少ないので、それぞれ活用するといいと思います。

口座開設不要でMT4が利用できる2社

FXCM社MT4ダウンロードリンクはこちら(為替用)

…短い周期でデモ口座を作り直す必要がある。

JPNサーバは利用できなくなっているので、AUDやEURなどのサーバを利用する。

bitpoint社MT4ダウンロードリンクはこちら(Bitcoin、仮想通貨用)

なお、Bitcoinの値動きは、デモとリアルで結構違います。
為替のMT4もデモとリアル口座、会社毎で若干違いはありますが、大きく値動きのするbitpointでは顕著に違いが出ます。

もし、正確な値動きを見たいという方は、以下のリンクから口座開設をしてリアル版のMT4をダウンロードしましょう。
BITPOINT公式HPへ

今回はせっかくですのでBitpointのMT4を例にしていきます。
上記のURLにアクセスすると、以下のような「デモ版ダウンロードはこちら」があるのでクリックしてダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルをそのまま実行します。

ライセンスに同意して次へを最後まで。
インタネット用ブラウザでMT5に関するページが開きますが、それはそのまま閉じて問題ありません。

しばらく待っているとMT4が起動してきます。

demoを選択して次へ。

空欄を全て埋めます。内容は適当で大丈夫です。

チャートが起動したら、一度MT4は✖で閉じましょう。

ここまでで、MacでMT4をインストールするというところまでは大丈夫です。

3.MT4起動

それでは一度MT4を起動してみましょう。
Lanchpadから、EasyWineを起動します。

左側のツリーから、マイコンピュータ⇒ProgramFiles⇒BitpontFX選択すると上の画面になるので、terminal.exeをダブルクリック。

そうすると先ほどの画面になります。
チャートが動いていることと、シグナルが表示されてることを確認してください。

あとは、自身の好きなようにカスタムしていく感じですね。
この先は、カスタムインジケータやEAのデータをコピーする為に必要なソフトウェアであるmucommanderのインストールと、MT4を起動する為のショートカット作成方法を紹介します。

(参考1)mucommanderをインストール

このmucommanderはデータのコピーがしやすいものです。
カスタムインジケータやEAをコピーする為に入れていきましょう。

MuCommanderのダウンロードはこちら

こちらのサイトから、MacOS X用の最新版をダウンロードします。
一番上にあるものでいいでしょう。

ダウンロードしたら、mucommander****.dmgを実行します。

真ん中の青いスライムを下のApplicationsにドラッグします。
インストールが終了したら、LunchPadからmucommanderを起動します。

※もしこのようなエラーが出たら・・・

mucommanderを使う為に必要なJavaが入っていないということになります。

javaJava SE 6をインストールします。
Java SE 6ダウンロードはこちら

このダンボールをダブルクリックしインストール開始。

最後まで次へ。
インストールが完了すると、mucommanderが起動できるようになります。

launchpadからmucommanderを起動すると以下のような画面になります。

そのまま、OKを押します。
左側の場所から右側の場所にコピーするようなイメージ(逆も可能)で使用しましょう。
※MacはWindowsのようにデータコピーがスムーズにいかない為、このmucommanderを使います。

MT4のデータ格納先のファイルパス(データを入れる住所みたいなもの)は以下の通りです。

/Users/(使っているコンピュータの名前)/Library/Caches/Wine/prefixes/default/drive_c/Program Files/BITPoint FX(またはMeta trader 4)/

右側のウィンドウでこの場所を開き、左側にコピーしたいデータの場所を開く。
そしてドラッグ&ドロップでデータを移動するイメージです。

(参考2)デスクトップにMT4のショートカット作成

mucommanderを開き、terminal.exeを右クリックし「Finder」で実行を選択。

Finderで開いた後、terminal.exeを右クリックし、「エイリアスを作成」する。

そうするとショートカットができるので、それをデスクトップにドラッグ&ドロップします。
これで、MT4を起動する為のショートカットは完成です。

ちょっと長くなりましたが、参考になれば幸いです。
トレードをする上で、MT4はやはり入れないと心もとないですからね!!

なお、今回Macに導入したMT4に、こちらの無料でダウンロード可能な矢印でシグナルを表示するツールを導入することも可能です。

ジロージロー

設定は、今回の記事とダウンロードページの内容を参考にしてもらえればと思います。わからない事があれば直接お問合せください。