【初心者向け】MT4のチャートを自動でスクロール開始・停止する方法

あかねあかね

MT4のチャートが自動で新しいところを表示してくれなくなっちゃったよ~。


ジロージロー

それは、チャートのスクロール機能が無効になっちゃってるのかもね。設定する場所を説明するからやってみようか!

今回は、初心者トレーダー向けにチャートを自動でスクロールする方法、自動スクロールを停止する方法について説明します。

基本的にリアルタイムでチャートを見ながらFXやバイナリーオプションなどで短期トレードをする場合は、自動スクロール設定で利用することが多いはず。

あかねちゃんのように、ふとした拍子に設定が外れてしまうこともあるので、設定箇所を覚えておきましょう。

MT4のチャートを自動でスクロール開始・停止する方法

MT4のチャートを自動でスクロール、停止するボタンは、MT4上部のメニューバーに表示されています。

MT4のチャートを自動でスクロール開始・停止する方法

チャートスクロールの操作
  • 更新情報と共にチャートをスクロール
    この、再生ボタンで、チャートを自動スクロールするか、スクロールを停止するかを設定可能です。
  • チャートの右端をシフト
    この右側をシフトボタンを有効にすることで、最新のローソク足の右側にスペースを表示できます。先の動きを予測するようなインジケーターを利用する場合使う場合があります。

その他にも、MT4上部メニューの「チャート」の中にある「自動スクロール」、「チャートの右端移動」でも同様の操作が可能です。

MT4のチャートを自動でスクロール開始・停止するチャートメニュー

 

MT4のチャートの自動スクロールの使いどころ

基本的に、FXやバイナリーオプションでの短期トレードをする場合、自動スクロールは常にONにしているのがいいでしょう。

ローソク足が更新されるたびに、常に最新のチャートが表示されている状態になります。

MT4自動スクロールなら常に最新のローソク足が表示されるように動くMT4のチャート自動スクロールをONにしていると、常に右側に最新のローソク足が表示され、時間が経っても最新のチャート情報が表示されるようになります。

MT4で過去のチャートを遡って確認する時は自動スクロールをOFF

自動スクロールをONにしていると、過去のチャートを遡って確認したり、トレンドラインや水平線を引きたい時に自動で最新の状態に更新されてしまいます。

ですから、MT4でチャートを過去にスクロールする時は、自動スクロールをOFFにしましょう。

確認が終わったら、チャート自動スクロールボタンをONにすることで自動で最新のチャートに戻ります。

MT4チャートで過去に戻る場合はスクロールOFF、ONにすると自動で最新に戻る

MT4でチャートの右端をシフトを使うタイミング

MT4で「チャートの右端をシフト」ボタンを使うかどうかは好みに分かれます。

「自動スクロール」と共に常にONにしている方もいます。

個人的には、普段はOFFにして使いどころで使うくらいが、ローソク足をできるだけ多く画面上に表示できますし、FXやバイナリーオプションの短期トレードではおすすめです。

「チャート右端をシフト」の使いどころとしては、先の情報も残してくれるインジケーターやトレンドラインなどを使う時でしょう。

イメージとしては以下のようになります。以前の【中級トレーダーへの道】無料でダウンロードできる人気インジケーター6選で紹介した「Regression_MT4_V2.ex4」や「GhaniFx_Auto Trend Lines.ex4」などを好んで使われる方は参考にしてください。

MT4で中・長期トレンドラインの先を見たい場合に右端をシフト

MT4で中・長期トレンドラインの先を見たい場合に右端をシフトこちらはシンプルに1時間足や4時間足など大きな時間足でトレンドラインを引いていた場合などです。

5分足(M5)だと直近しか見えないところもあるので、右端をシフトすることで長期のトレンドラインが見えてくることがあります。

トレンドラインを軸にしたトレードをする方にはおすすめです。

GhaniFx_Auto Trend Lines.ex4(自動トレンドラインインジ)で右端をシフト

GhaniFx_Auto Trend Lines.ex4(自動トレンドラインインジ)で右端をシフト「GhaniFx_Auto Trend Lines.ex4」は先ほど紹介したトレンドラインの自動版です。

こちらもトレンドラインをベースにしたトレードで利用するインジケーターですので、MT4チャートの右端をシフトすることで未来のトレンドラインとローソク足の交点を予測する時に役立ちます。

Regression_MT4_V2.ex4(川のようなインジケーター)で右端をシフト

Regression_MT4_V2.ex4(川のようなインジケーター)で右端をシフト

「Regression_MT4_V2.ex4」はボリンジャーバンドやエンベロープなどと近い、川のような流れを表示するインジケーターです。

「Regression_MT4_V2.ex4」も現在のローソク足よりも未来にも描写されるインジケーターになるので、MT4チャートの右端をシフトすることでトレードの見通しを立てるという意味で使いどころはありそうです。

「Regression_MT4_V2.ex4」の表示はローソク足が更新されるたびにリペイント(表示が変わっていく)されるタイプのインジケーターです。

 

MT4のチャートを自動でスクロール開始・停止する方法 まとめ

MT4のチャートを自動でスクロール開始・停止方法やMT4チャートの右端をシフトする方法について紹介しました。

ボタンクリック操作でON・OFFができる簡単操作です。ご利用するインジケーターによっては、過去に遡ったり、少し先の未来のチャートを予測するのに使用したりすると思います。

そんな時に、今回の自動スクロールのON・OFFやチャートの右端のシフト機能を使ってみてください。

 

あかねあかね

まさか、再生ボタンみたいなのがスクロール機能だと思わなかった!


ジロージロー

意外に使っていない機能で便利機能はあるからね。ちょっとずつ使いこなせるようにしていこう。