FX自動売買初心者は中古ノートパソコンを活用してEAを動かすとコストを安く抑えられる
ジロージロー

今回はMT4上で動作するFX自動売買用のソフト(EA)を初心者が安くで動かす方法を伝えるよ。

あかねあかね

FX自動売買、興味があったの。ノートパソコンで動かすことができるんだね。

ジロージロー

うん。MT4が動作すれば基本的にFXの自動売買は可能なんだ。VPS(ブイピーエス)っていうクラウド上のサーバを利用するのが一番いいんだけど、試しで少ない資金で使いたい場合とかテスト用とかであればノートパソコンが一番いいと思うよ。

この記事はこんな方におすすめ

  • FX自動売買をこれから始めようと思っているなかで、何を準備すればいいかわからないFX初心者の方
  • EAをできるだけ安く動かしてFX自動売買を始めようと思っている方
  • 使っていないノートパソコンをなにかトレードで使えないか考えている方

FX自動売買は、その名の通り自動でFXの取引を行うこと。

一般的なFX自動売買は、世界中で愛用されているMT4を利用して、MT4上で動作するEA(Expert Advisor、エキスパートアドバイザー)というトレードロジックを組み込んだプログラムを稼働することで実現できます。

為替相場は平日24時間動き続けていますので、FX自動売買も24時間動かすのが一般的です。

つまり、EAが動作するMT4やインストールしているWindowsも常に起動しておく必要があります。

そういった理由から、FX自動売買を行っていくうえではVPSやデスクトップクラウドといったクラウド上のWindowsサーバを月額制などで契約し、そのうえでMT4やEAを稼働するのが私たち個人投資家がFX自動売買を行う上で一般的であり、推奨されています。

今回は、なぜFX自動売買にVPSが推奨されているのか、FX自動売買初心者にとって中古のノートパソコンでMT4やEAを動かすのが安上がりでおすすめな理由などについて紹介していきます。

なぜFX自動売買にVPSが推奨されているのか

なぜFX自動売買にVPSが推奨されているのか

ジロージロー

茜ちゃんは何でFX自動売買にVPSが推奨されているのかわかる?

あかねあかね

うーん、なんでだろう。自分の手元にパソコンがなくても勝手に動くからかな。

FX自動売買にVPSやデスクトップクラウドなどのクラウド上のサービスが推奨されている理由は、いくつかあります。

FX自動売買を動かすMT4に求められる条件
  • 24時間MT4が動作し続けること
  • 大切な資金を自動でトレードをするので、予期せず取引しない、自動売買システムが動かないことが起こらないようにすること

があります。

デスクトップクラウド(VPS)はこれらの条件を満たしているんです。

例えば、おそらくFX自動売買用のVPSで最も利用者が多いのではないかと思われるお名前.comのデスクトップクラウドサービスの特徴を見てみましょう。

VPSがFX自動売買に適している理由

EAを動作させる中で、メモリ1.5GBのWindowsサーバが月額1350円~で利用できますのでこの月額を必要経費として許容できる方やある程度大きな資金でFX自動売買を行う方は、迷わず上記のデスクトップクラウドを利用することをおすすめします。

※ただし、キャンペーン価格は最初の1回の支払いのみだったりすることがあるので金額はしっかり確認しましょう。1か月単位だとかなり割高になってしまいますので、お試しの場合も6か月以上がいいと思います。

こちらを見てもらえるとわかりますが、お名前.comはデスクトップクラウドサービスの4つの特徴として、

  • 進化したスピード
  • 信頼できる安定稼働
  • 充実のサポート体制
  • 簡単操作

を挙げています。

この中で最もEAを動作させるうえで大事なのは信頼できる安定稼働という点です。

FX自動売買を動かす上での安定稼働とは

FX自動売買を動かす上で、「安定稼働」は実際にどういうことかというと、

  • パソコンやサーバ故障が発生した時でも、稼働し続けられるか
  • 停電などが起こった場合も問題なくFX自動売買は動作するか
  • インターネット回線機器や回線が繋がらなくなった場合でもEAは動くのか

など、耐障害性です。

お名前.comのデスクトップクラウドをはじめとしたクラウド上のFX自動売買用WindowsサーバVPSサービスは、基本的に堅牢なデータセンター内のサーバで稼働しています。

インターネット回線や、ネットワーク機器、サーバ自体も冗長化(どれかが壊れても、バックアップに切り替わってシステムは止まらないこと)されているはずであり、さらにWindowsサーバOSも仮想化されているので、まずクラウドサービスでのWindowsが停止することはよっぽどのことがない限りはないということですね。

ジロージロー

さらに、VPSの動作に何かあっても会社のスタッフの方が復旧してくれるので、そういったインフラ環境に注意する必要はなくなるということなんだ。

あかねあかね

なるほどね。パソコンにあまり詳しくない人は黙ってデスクトップクラウドとかVPSを使うのがいいってこと?

ジロージロー

そうとも言えるし、ただ最初デスクトップクラウドを使い始める時はちょっと難しいって感じることもあるかも。

FX自動売買でデスクトップクラウド(VPS)を利用するデメリット

FX自動売買でEAを使っていく中で、デスクトップクラウドを利用するデメリットを紹介するとしたら以下になります。

デスクトップクラウド・VPSのデメリット
  • 安価のプランを契約する場合、メモリ容量が少ない為稼働できるMT4・EA数が限られる
  • 上記理由からEA以外の用途ではあまり利用できない。メモリを増やしていくとコスト(費用)も大きく増える
  • EAの調子が悪く勝てない場合でも費用は掛かり続ける

メモリ容量が1.5GBの場合は、稼働できてもEAは4つくらいまででしょう。

現在のWindows10を動かしているパソコンのメモリは4GB以上が一般的なので大体の方は安価なプランだと動作が遅いと感じると思います。

ジロージロー

EA専用で、月々かかるコストと割り切って利用する意識がデスクトップクラウド(VPS)を利用するうえでは大事だね。

FX自動売買初心者にとって中古ノートパソコンでMT4やEAを動かすのが安上がり

FX自動売買初心者にとって中古ノートパソコンでMT4やEAを動かすのが安上がり

ここからが本題ですが、FX自動売買初心者で大きな資金を動かさないのであれば、最初は家で使っていないノートパソコンや1~2万円で購入できる中古のノートパソコンを活用するのが安上がりと言えるということです。

あかねあかね

なんでノートパソコンなの?デスクトップパソコンじゃだめなの?

ノートパソコンがFX自動売買初心者に向いている理由

まず、このFX自動売買で利用するノートパソコンは基本的にEA専用で利用すると考えましょう。

ノートパソコンがFX自動売買初心者に向いている理由は以下の通りです。

中古ノートパソコンがFX自動売買初心者に向いている理由
  • 数年前の型落ちの中古ノートパソコンが1~2万円で購入可能
  • ノートパソコンにはバッテリがついており、停電などにも強い
  • メモリ容量が4GB以上が一般的なのでどんなに低スペックでもVPSの安価なものよりもWindowsの性能がいい
  • ディスプレイの電源を切ったまま動作可能なので、月の電気代も安価
  • 無線内蔵のものであれば、ケーブル配線や部屋のスペースなど気にしないで済む

耐障害性という意味では、故障したりしたらやはりEAの動作は止まってしまいます。

ただし、ノートパソコンでは中古であってもバッテリがついていますのでちょっと位の停電でも問題なくEAは動作し続けます。※デスクトップパソコンは、UPSなどをつけない限りは電源が落ちてしまいます。

また、ノートパソコンは消費電力も少ないので大体平均すると電気代も月に100円前後で済むといわれてます。

なにより、今あるノートパソコンを利用する場合は費用なしで始められますし、月々の固定費について考えなくてもいいのがメリットと言えます。

FX自動売買に向いている中古ノートパソコンの入手方法

FX自動売買に向いている中古ノートパソコンの入手方法

中古だし、ノートパソコンを自分の目で見て購入したいという方は秋葉原の中古PCショップやお近くのハードオフ、トレジャーファクトリーなどに行ってみるといいかもしれません。

あかねあかね

中古のお店に行くと、掘り出し物がありそうな気がして凄いワクワクするよね♪

基本的に、FX自動売買で動かすMT4やEAはそこまでパソコンの性能にこだわる必要はありませんが、注目すべきは以下でしょう。

FX自動売買用ノートパソコンに求めたい性能・スペック
  • CPU:Celeronなど特に何でもいいが、Intel Core i3(インテル コア アイスリー)以上であればたくさんEAを動かしたい時も便利
  • メモリ:Windows動作のことも考えると4GB以上
  • HDD/SSD:Windowsが動作すれば容量は何でもいい。HDDよりSSDのほうが故障率は少ないが、壊れたら買い替えるくらいの感覚でいたほうがいい。
  • OS:Windows10 ※Windows7の場合はWindows10にアップグレードする
  • サイズ:自分の家の置き場所次第。大き目のA4ノートパソコンは持ち運べないので安価で入手可能、B5ノートパソコンのほうが比較的値段が高い。ミニPCのようなモノも性能が劣るので安いがEAを使う分には問題なし。
  • 無線LAN:付いていたほうがいい。家のWifiをそのまま利用可能。LANケーブルを繋いで有線で使う場合は気にする必要なし。

上記を踏まえたうえで、ジャンクワールドで探してみると以下のような中古のノートパソコンが見つかります。

ジャンクワールドなら1万円ほどで自動売買で使えるノートパソコンが手に入る

サイズや性能など多少変わった中古のノートPCが1万円前後で探せて入手できるということです。

それなりにメモリ容量もあるので自由度が高く、EA以外にMT4のバックテストや検証などでも使えなくもないですし、FX自動売買初心者にとっては便利に使えるのがこの中古ノートパソコンだと思います。

ジロージロー

デスクトップクラウドやVPSを契約する前にEA自体を検証したり、少額で動かしたいという人や初心者の方はノートパソコンを有効活用したいですね。

FXやバイナリーオプショントレード用パソコンの選び方については以下の記事でも紹介していますので、参考にしてください。

 

中古ノートパソコンでFX自動売買を動かすために設定が必要なこと

中古ノートパソコンでFX自動売買を動かすためには以下の設定をしてあげる必要があります。

中古ノートパソコンでFX自動売買を動かすための設定
  • MT4、EAを設定する
  • Windowsスリープモードの解除
  • 蓋を閉めた時でも動作するように設定を変更
  • 自動でWindowsアップデートがかからないようにする※または定期的にチェック
  • リモートで動作を確認したい場合は、AnyDeskやTeamViewerなどのリモートソフトを入れる

上記設定の詳細については、また別の記事でどこかで紹介しようと思います。

合わせて、今Windows7の使っていないノートパソコンなどがある方は、Windows10にアップグレードをしてFX自動売買用のパソコンとして使ってみるのもいいと思います。

まとめ

FX自動売買初心者は中古ノートパソコンを活用してEAを動かすとコストを安く抑えられるということについて、紹介しました。

FX自動売買初心者はノートパソコンがおすすめ まとめ
  • ある程度大きな資金を自動売買で動かす方、月額の費用を必要経費と考えられる方はデスクトップクラウド(VPS)を利用することをおすすめ。
  • FX自動売買初心者は安価で入手できる中古ノートパソコンを利用することで、コストを安くFX自動売買を動かすことができる。
  • 中古ノートパソコンの最低限のスペックでも動作性能自体は安価なデスクトップクラウド(VPS)のWindowsよりも高い

これからEAを使ってFXの自動売買を始めてみようと思っている方で、ノートパソコンをすでに持っていたり、できるだけ資金を抑えてどのようなモノかをお試しで体験するという場合、中古のノートパソコンを利用するというのは1つの方法です。

ぜひ活用してみてください。