トレンドの強弱を判別!?ADXオシレーター系インジケーターとは

ジロージロー

今日はMT4上で標準で搭載されているオシレーター系のインジケーター、「ADX」について紹介するよ!


あかねあかね

ADX?初めて聞いたよ。よろしくお願いします。

ADX(Average Directional Movement Index)とは?

ADXはAverage Directional Movement Indexの略で、日本語で表すと「平均方向性指数」です。
MT4にデフォルトで入っているオシレーター系のインジケーターですが、あまりメジャーではなく利用する人も多くないと思います。

このADXは何を表すかというと、「相場のトレンドの強さ。勢い」を数字化したインジケーターです。RSIやストキャスティクスなどと同様、サブウィンドウでローソク足とは別のウインドウで表示します。

他のインジケーターと同様、単体で相場の状況をすべて判断できるものではありませんが、明確に数字として「トレンド相場」なのか「レンジ相場」なのかを視覚的に判断する材料にすることができますので、バイナリーオプションやFXのトレードで、初心者が使いやすいインジケーターの一つと言えそうです。

ADXを構成する3つの線
  • ADX…上昇、下降に関わらないトレンドの強さを表す数値
  • +DI…上昇の強さを表す数値
  • -MDI…下降の強さを表す数値

ADXの画面イメージ

上記のように3本の線から構成されるADXインジケーターですが、ADXの値に注目するのがわかりやすいでしょう。このADXは上昇や下降に関わらず、現在のトレンド状態を表します。

ADXは以下の各パラメーターで構成されていますが、こちらの計算式は覚える必要はありません。

ADXの各指標の計算式
  • +DM…現在のローソク足の高値 ー 1本前のローソク足の高値
  • -DM…1本前のローソク足の安値 ー 現在のローソク足の安値
  • TR …[現在のローソク足の高値 - 現在のローソク足の安値][現在のローソク足の高値 - 1本前のローソク足の終値][1本前のローソク足の終値 - 現在のローソク足の安値]の3つの中の最大値
  • +DI…○本分のローソク足の+DMの合計 ÷ ○日間のTRの合計 × 100
  • -DI…○本分のローソク足の-DMの合計 ÷ ○日間のTRの合計 × 100
  • ADX…{(+DI - -DI)の絶対値 ÷(+DI + -DI)}のローソク足〇本分の平均

で表されます。「〇本分のローソク足」についてですが、MT4の初期設定で14が設定されており、こちらをそのままデフォルトの設定で利用しているトレーダーが多いはずです。

ADXの数字は、0~100で表されますが、一般的に、

  • ADXの値が20を下回っている場合、相場はレンジ相場である
  • ADXの値が30を上回っている場合、トレンドが強い状況になっている

とされています。数字が大きければ大きいほど、トレンドが強い状態になっているという判断ができるわけですね。

ADXインジケーターをどうやってトレードに使うのか

まず、一番覚えておきたいのは、ADXは現在のトレンドの勢いを確認するためのテクニカル分析用のオシレーターインジケーターである為、トレンドを予測する為のインジケーターではないという事です。

その為、単純にADX単体で、FXやバイナリーオプションのエントリーに使用するにしては判断材料が弱いという事になります。

なので、あくまでも判断材料の1つという使い方がいいでしょう。

  • FXでトレンド方向へのエントリーで利用する場合は、実際のローソク足での値動きや移動平均線などと合わせてADXを利用する。
  • バイナリーオプションの逆張りエントリーのルールの中に、ADXをフィルターの1つとして利用する。

など、補助的な役割として活用しているトレーダーが多いです。

ADXの活用例
  • ADXが低い数字で推移し続けている場合…レンジ相場が続いている為、上下のどちらかにトレンドが生じる可能性が高い。他のインジケーターやテクニカル分析と合わせて、徐々にADXが上昇を開始したらトレンド方向にエントリー。
  • ADXが高い数字を推移し続けている場合…トレンド相場が続いている為、どこかで収束する可能性が高い。トレンド方向のポジションを持っている場合は利確する。
  • ADXが一定の数字以下の場合に着目…逆張りをメインにしている為、トレードのルールの1つとして、ADXの値が30以上の場合はトレードをしない。

RSIやCCI、ストキャスティクス、ボリンジャーバンドなどのフィルタとも併用しやすいです。

ご自身のトレードのルールに組み込むうえでシンプルな指標なので、参考材料の1つにしてもいいのではないでしょうか。

ADXインジケーターをMT4に設定してみる

他のインジケーターと同様、MT4上部メニューの「挿入」ー「インディケーター」ー「トレンド」ー「Average Directional Movement Index」からチャートに挿入することが可能です。

ADXをチャート上に挿入する方法

パラメーターについては、右クリックして「表示中のインディケータ」から、「Average Directional Movement Index」を編集することで変更可能です。

ADXインジケーターのパラメーター

上記の期間は基本的にそのままで大丈夫でしょう。色や線の太さ、種類などお好みで変更してください。

現状のままですと、現在のADXの値がどのくらいかメモリが付いていないので、メモリだけ追加すると見やすくなると思います。

ADXのインジケータパラメーター表示で右側にメモリを入れる

上側の「レベルの表示」タブから、追加ボタンを押します。

そこで、あなたが識別したい値(20,30,40あたりが良さそうです)を入力。全て追加し終わったらOKをクリックして、表示中のインディケーターを閉じます。

ADXを入れたチャートに、点線を引いてみる

すると、上記のようにADXのインジケーターの右側に20,30という目盛りが表示されます。

ADXとローソク足と相場状況の例

ADXが30以上でチャート上のローソク足や値動きからもトレンドが強いことを確認

ADXが30以上のところは、トレンドが強いことは目視でも確認できますね。

先に紹介したように、このADXも他のオシレーター系インジケーターと同様、だましはあります。ただ、トレンドの強弱を判断する指標の1つとして、活用してみてもいいかもしれません。

あかねあかね

トレンドの強さを表示するインジケーターがあったんだね!これは便利、今がトレンドなのかレンジなのかって正直判断が難しいんだもん。


ジロージロー

そうだね!ただ、このADXもインジケーター単体での判断は禁物で、値が大きいのにレンジ相場だったりっていう事もある。あくまでも判断材料の1つとして利用していこう。