ダウ理論でトレンドを学ぼう【バイナリー/FX初心者向け】

ジロージロー

今日はダウ理論について説明していくよ!


あかねあかね

ダウ理論。なんか聞いたことはある。


ジロージロー

うん、チャートを見ていてなんとなくそうかな?って思うこともあったかもしれないし、エリオットの波動もダウ理論を元に進化した理論。それじゃあ早速見ていこう。

FXトレードをしている人は大体の人が知っているといってもいいかもしれません。

世界中のFXトレーダーや機関投資家たちが注目しているということは、言い換えればダウ理論はそれだけ相場に対して影響力があるということ。

そのぐらい有名なダウ理論、どういった内容なのでしょうか。
チャートは「トレンド」と「レンジ」によって構成されていますが、主に「トレンド」に関しての内容になっています。

知っていれば必ず勝てる!そういったわけではありません。

しかし、相場のトレンドとトレーダーがどのような理論をもとにしてトレードをしているのかなどを知ることは、トレードをしていくうえでプラスに働きます。

概要は覚えておいて損はありません。トレーダーはこういったことを意識して分析をしているんだ。そういう目線でもいいので、概要は抑えておきましょう。

ダウ理論とは?

ダウ理論は、アメリカのチャールズ・ダウ⽒によって始めて体系的なチャート分析理論として19世紀末に提唱されました。
ダウ理論は6つの基本原則で成り立っていて、もともと株式市場の分析⽅法として考案された理論です。

ただし、チャートで分析が可能なFXや先物取引、バイナリーオプションなど様々なトレードにおいても活用できる理論です。

今まで紹介してきたMT4で利用できる色々なテクニカル分析の元祖ともいわれており、それぞれテクニカル分析とされているものの多くがダウ理論に由来すると言われています。

ダウ理論を理解することで、他のテクニカル分析もより理解しやすくなるでしょう。
「理論」と聞くと難しそうなイメージになってしまいますが、内容はいたってシンプルです。

今日はダウ理論の「6つの基本原則」について、為替市場に合ったように。バイナリーオプションやFXに合わせて説明をしていきます。

ダウ理論 6つの基本原則

1.平均はすべての事象を織り込む
2.トレンドには短期・中期・長期の3種類ある
3.主要トレンドは3段階から形成される
4.平均は相互に確認される必要がある
5.トレンドは出来⾼でも確認される必要がある
6.トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまで継続する

この中で、最もトレードにおいて注目すべき部分は、6番目の「トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまで継続する」という事です。トレードに応用しやすいともいえます。

トレードをしていると、

凄い上がっているからそろそろ下がりそう。
ちょっと落ちすぎじゃないか。

という感覚になります。しかし、まずはこの「トレンドは続く」という事を覚えておきましょう。これが大やけどをしない為の1つの前提知識です。

1.平均はすべての事象を織り込む

【初心者向け】ダウ理論でトレンドを学ぼう_平均はすべての事象を織り込む

1つ目の基本原則は、「平均はすべての事象を織り込む」です。

ここでいう平均とは、為替レート。すなわち価格の事。

バイナリーオプションやFXでのトレード対象となる為替市場において、「為替レートはすべての情報を織り込んでおり、全ての情報はチャートに現れている」という考え方です。

為替レートは各国の経済状態や⾦融政策、要⼈発⾔や⾦利政策といった「ファンダメンタルズ」の影響を受け、為替レートは⽇々変化しています。

しかし、ダウ理論においては、全ての情報はすでに為替の値動きに反映されていると考えられているのです。つまり、為替レートの未来を予想するには、為替レートの値動きを⽰すチャートを⾒ていればいいということになります。

すなわちダウさんは、

すでにファンダメンタルズの情報はチャート上の価格に反映されていて、ファンダメンタルズ分析では将来の価格は予想できない。価格の動きにのみ注目したテクニカル分析であれば、将来の価格を予想できる。

という事をいっています。

 

もちろん、何らかの突発的な出来事が起こった瞬間には、価格が急騰したり急落したりしますが、そういった情報も最終的には全てチャートに織り込まれていきます。

「平均はすべての事象を織り込む」という考え⽅はチャート分析が投資においての最重要ツールであることに対する理論的な根拠となり、全てのテクニカル分析の元祖になったということです。

2. トレンドには短期・中期・長期の3種類ある

 

2つ目の基本原則は「トレンドには短期・中期・長期の3種類ある」です。

為替レートの値動きは「トレンド」によって⽀配される、というのがダウ理論の基本とされている考え方です。

トレンドに沿ってトレードをするという考え⽅は、今ではFXのトレードで当たり前のように使われていますが、ダウ理論がその根拠となっています。

【初心者向け】ダウ理論でトレンドを学ぼう_トレンドには短期・中期・長期の3種類ある

ダウ理論ではトレンドを、

①主要トレンド(⻑期トレンド)・・・1年~数年間
②⼆次トレンド(中期トレンド)・・・数週間~数か月程度
③⼩トレンド(短期トレンド)・・・1時間~1か月程度

の3つに分類しています。

トレードのスタイルに応じて、どのトレンドを意識するかは変わってきます。
バイナリーオプションの場合は短期ですから、主に小トレンドということになります。

FXトレードの場合、スイングトレードの場合は主要トレンド~二次トレンド、デイトレードであれば二次トレンド~小トレンド、スキャルピングであれば小トレンドなどをメインで見ていく必要があります。

3.主要トレンドは3段階から形成される

ダウ理論では主要なトレンドは市場参加者の動向により、3段階に分けることができるとしています。

これは小さい時間足でも応用として利用できるものだと考えています。
以前紹介したエリオットの波動 についてもこのダウ理論がベースになっています。

【初心者向け】ダウ理論でトレンドを学ぼう_主要トレンドは3段階から形成される

第1段階、先行期)

市場全体の動向とは逆行して、⼀部の投資家が参⼊する時期。ここではまだ値動きは緩やかです。

エリオット波動でいうところの上昇1波にあたります。

第2段階、追随期)

市場全体が第1段階の動きを追随し、一気に参加してくるような状況から急激な価格変動が起こります。チャート分析を基にトレードするトレンド重視の投資家が着目している上昇の波。

エリオット波動でいうところの上昇3波にあたります。

第3段階、利食い期)

上昇していることを把握した初心者を含めた一般投資家もどんどん参入してきてさらに価格が上昇してきます。

トレンドの過熱感がピークに達し、第1段階で参⼊していた投資家が利益を確定し始め、トレンドはやがて終焉していきます。
この段階で参入し、高値掴みをしてしまった投資家が大きな損失を出してしまう恐れがあるこの第三段階。

エリオット波動でいうところの上昇5波にあたります。

4.平均は相互に確認される必要がある

【初心者向け】ダウ理論でトレンドを学ぼう_平均は相互に確認される必要がある

「平均」とは、1つ目の基本原則でも触れましたが「為替レート」。すなわち価格の事。

ダウ理論における相互とは、相関関係の事。

ダウ理論は元々は株式をベースにした理論ですが、例えば⼯業関係の株価と運輸関係の株価のことを指し、⼯業が活発化すると運輸株も活性化するという相関関係があります。

どちらかの株価が上がればもう⼀⽅も株価が上昇するという考えに基づきます。

バイナリーオプションやFXにおいては為替相場です。わかりやすいところでいうとドル円が上昇した場合、円安方向に相場は動いているので、他のユーロ円やポンド円などクロス円通貨も相関関係があるので上昇するだろうという考え方です。

5.トレンドは出来⾼でも確認されなければならない

ダウ理論では出来⾼もトレンドを判断する基準としていますが、バイナリーオプションやFXなどの為替相場の出来⾼を把握することはとても難しいです。

株式市場や仮想通貨などは実際に出来高も確認しやすい部分もありますので、知識として頭にいれておくといいですね。

6.トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまで継続する

【初心者向け】ダウ理論でトレンドを学ぼう_トレンドは明確な転換シグナルが発⽣するまで継続する

ダウ理論でのトレンドの定義は、安値と⾼値を共に切り上げている状態が続く限り上昇トレンドとし、安値・⾼値共に切り下げる状態が続く限り下降トレンドとするというものです。

上昇トレンド継続中に、直近⾼値を更新できずに直近安値を割り込む。
下降トレンド継続中に、直近安値を更新できずに直近⾼値を割り込む。

状態をトレンドの転換と判断します。

つまり上昇トレンドであれば、⾼値の切り上げ、安値の切り上げが崩れた場⾯で、トレンドが⼀服したと考えるという事になります。

トレンドの転換に関して、転換点で出やすいチャートパターン等も含めてまたどこかで紹介したいと思います。

あかねあかね

実際にこういうジグザグな形のチャートってよく見るよね!これってバイナリーオプションに応用できる?


ジロージロー

そうだね、トレンドラインを引いて、押し目や戻りを狙ってトレードをするっていうトレードパターンを使っているっていう人もいるみたいだ。また相場の転換点で出やすいチャートパターンのところで見ていこうね!